自動車取得時にかかる税金には、地方税となる「自動車税」、新規登録や名義変更 の際に一度だけ納める「自動車取得税」、2年にごとに行われる車検時には必ず納める「自動車重量税」の他、税金ではありませんが公的意味合いの強い「自賠責保険料」があり、それらの合計にかけられた「消費税」をプラスして納めるようになります。
しかし、これだけではありません。
車庫証明が必要になってきます。
車庫証明は乗用車の場合は、全国一律どの地域も必要ですが、軽自動車は車庫証明が必要な地域とそうでない地域があります。

以前、私が軽自動車を購入したとき、車庫証明で4,000円が記載されていましたが、私の住んでいる市は車庫証明がいらない地域なので、早速ディーラーの担当者に訂正してもらいました。
同じ県内でも、都市部では車庫証明が必要になっています。
軽自動車を購入した人は、ディーラーからもらった見積書を一応点検しておく必要があるといえます。

話がそれてしまいましたが、上記の必要なもののほかに、手数料に印紙税などもかかってきますから、すぐに2、30万円になってしまいます。
これが中古での購入だとしたら、車検が切れそうとか、切れている場合はここに車検代がかかってきます。

新車300万円の車を80万円で買った大学を卒業したての若い子が、車体価格だけしか見ていなくて、諸費用の40万円が工面できず困っていたという例がありますが、諸費用の大きさに驚かされます。

また、車の維持費の大きさにも頭の痛いところです。
車は乗っても乗らなくても維持費がかかります。
乗らなければタイヤも減らないからそれだけでも助かると思ったのですが、ところが、乗らない車ほどタイヤの痛みが激しいそうです。
乗らないとマフラーも錆びつくしいいことがないようです。
車は新車よりも中古車の方が維持費がかかりますから、80万円の中古車を新卒の若い子が買ったかどうかその後はわかりませんが、気になっています。